化粧品でシミをふせぐ

スポンサードリンク

ここでは、シミを防ぐのに効果的な化粧品の使い方を説明します。

シミを防ぐには、化粧品で紫外線から肌を守ったり、メラニン色素を除去することが有効です。

また、化粧品を使うことでシミを薄くする効果があるものもあります。

化粧品をうまく使って、しみができる前にケアする知識をつけていきましょう。


シミをケアするべき年齢

紫外線が原因となるシミは、紫外線によって刺激された肌がメラニン色素を生成して、それが蓄積されて肌の表面にあらわれてくるものです。

紫外線に当たるとメラニン色素が蓄積されるので、シミをケアするのは早ければ早いほど良いということになります。

できれば10代から紫外線対策をしておきたいのですが、どのような年齢でも今日からでも紫外線を浴びることを防ぐことができれば、できてしまったシミの悪化やしみの発生を予防することができます。

スポンサードリンク

日焼け止め

一般的に紫外線は外出時に防ぐものと考えられていますが、普段の生活でも紫外線を浴びる機会が多くあることはあまりしられていません。

洗濯物を干すときや、室内にいるときなども紫外線を浴びてしまいます。

浴びてしまえば、メラニン色素が生成されるので、シミになる原因となります。

普段の生活では、あまり強い日焼け止めを使う必要はありませんが、外出する機会が無くても乳液やクリームタイプの軽い日焼け止めを使用することがシミの予防には効果的です。


ビタミンC誘導体配合の美容液や乳液

ビタミンCは、そのまま肌に塗っても吸収されません。

そこで、最近はビタミンC誘導体配合という化粧品が出てきました。

このビタミンC誘導体は、そのままでは吸収されにくいビタミンCを肌に吸収されやすくしたもので、シミ対策に効果があります。

シミをふせぐ食品でも紹介しましたが、ビタミンCはシミの予防に効果的な成分を含んでいます。

また、直接肌に吸収させることで食品として摂取すること以上に、美白・美肌など肌にとって良い効果がたくさんあることが分かってきました。

シミを防いだり、薄くするためには、化粧水や美容液を選ぶときは、ビタミンC誘導体の入ったものにするようにしましょう。


まとめ

今までの知識で分かるように、紫外線を防いだり、ビタミンCを肌や食品から摂ることがシミ対策には有効です。

紫外線が原因となるシミは、普段からケアすることでシミが発生したり、シミが濃くなったりすることを予防することができます。

日常からのケアをさぼらないようにしましょう。

まずはシミのタイプを診断
あなたのシミのタイプを知る エイジングによる老人性色素斑 そばかす(雀卵斑) 炎症性色素沈着 肝斑(かんぱん)  
化粧品などでシミを消す方法
ハイドロキノン配合の美白化粧品レポ 美白化粧品でシミ対策 シミを予防、改善する薬  
シミを治療して取る方法
レーザー治療でシミを消す シミをピーリングで改善  
シミができる前のケア
食べ物でシミ予防する 化粧品でシミをふせぐ