食べ物でシミ予防する

スポンサードリンク

ここでは、食べ物でシミを予防する効果のあるものを紹介していきます。

食べ物の中に含まれる成分で、シミを予防する機能があるものがあります。

その成分とは、ビタミンCです。

それでは、どうしてビタミンCがしみを予防する効果があるのか見ていきましょう。


ビタミンCのシミ予防の効果のひみつ

人間のからだは、誰もが老化していきます。

この老化は、体が活性酸素というものによって酸化していくことに原因があります。

ビタミンCは、抗酸化作用といって、活性酸素に対抗して老化を防ぐ作用があります。

またビタミンCは、紫外線を防ぐ効果がとても高いため、シミの原因となるメラニンの生成を防ぎます。

このような効果があるので、ビタミンCはしみの予防に役立つのです。

スポンサードリンク

ビタミンCを多く含む食品

ビタミンCを多く含む代表的な食品は、グレープフルーツ・オレンジ・ライムなどの柑橘類に多く含まれ、ほかにはアセロラ・トマト・パセリ・ブロッコリー・レモン・ピーマン・柿・イチゴなどがあげられます。

野菜や果物に多く含まれていますので、積極的にそういった食品を摂取するとシミができにくい体質を作ることができます。

ビタミンCを多く含む食品として、レモンをまず初めに頭に浮かぶかもしれません。

けれど、レモンはグレープフルーツなどのほかの食品と比べるとビタミンCの含有量が少ないという事実はあまり知られていません。

ほかにもレモンは、紫外線に敏感になる成分を含んでいて、夜にレモンを摂ることは問題ありませんが、朝に摂ると逆にシミになりやすくなってしまうので注意が必要です。


その他のビタミンCが摂れるもの

食品以外にも、サプリメントやローズヒップティーなどでビタミンCを摂取することができます。

ただし、ビタミンCは大量に摂取するとお腹がゆるくなることがあります。

大量というのはグラム単位で摂取するようなことで、普通の食品から摂取することではほとんどありえませんが、サプリメントでは摂取のしすぎに注意してください。

ちなみにレモン1個分は、20mgと決まっています。

1gは1000mgなので、1gのビタミンCを摂取するのにはレモン50個分が必要になります。


まずはシミのタイプを診断
あなたのシミのタイプを知る エイジングによる老人性色素斑 そばかす(雀卵斑) 炎症性色素沈着 肝斑(かんぱん)  
化粧品などでシミを消す方法
ハイドロキノン配合の美白化粧品レポ 美白化粧品でシミ対策 シミを予防、改善する薬  
シミを治療して取る方法
レーザー治療でシミを消す シミをピーリングで改善  
シミができる前のケア
食べ物でシミ予防する 化粧品でシミをふせぐ