シミをピーリングで改善

スポンサードリンク

シミはメラニン色素が沈着してできるものがほとんど。

つまり、メラニン色素を排出できればシミは消すことができるということになります。

そこで、ここではメラニン色素を排出する美白効果のあるピーリングを紹介します。


ピーリングには美白効果がある

ピーリングというと、美肌効果というのがすぐに思いつきます。

じつは、このピーリング。美白効果があります。

色素が沈着していしまうシミには、美白効果のあるものでケアしてメラニン色素を排出することが効果的なのです。

スポンサードリンク

シミにどういう効果があるのか

ピーリング剤には、お肌のターンオーバー(生まれ変わり)を促進する効果があります。

人間には、自然にメラニン色素を排出する性質がありますが、それをさらに早めることにより美白効果が期待できるということになります。


全てのシミにピーリングが効果を発揮するわけではない

メラニン色素を排出するピーリングはほとんどのシミに有効で、特にニキビやキズのあとにできてしまう炎症性色素沈着に効果的です。

ただし、エイジングによるシミが進んだ脂漏性角化症などの濃いシミには大きな効果は期待できません。

ピーリングでシミのケアをするのであれば、しみが薄い初期段階でのケアが効果的です。


ピーリングをするには

ピーリングをする方法は、

@自宅で市販のピーリングジェルやピーリング石鹸を使用する方法
Aエステサロンで行う方法
B皮膚科などのクリニックで行う方法

この3つの方法があります。

@の自分で自宅ですることや、Aのエステサロンでは心配という方は、Bの皮膚科などの専門クリニックでのピーリングを選ぶと良いでしょう。

サロンのピーリングは危険?

一時ニュースなどで、エステサロンでのピーリングのトラブルなどが報道されていました。

たしかにピーリングは、お肌に刺激を与えるものなので、ピーリング剤を使用するにはしっかりとしたガイドラインで行われないといけません。

それが守られなかったために、トラブルとなり、危険だというイメージを持っている方もいます。

しかし、ピーリングは日本皮膚科学会でもシミの治療に効果的だと認められていて、多くのクリニックで採用されている治療法です。

エステサロンなどで受けるのは不安だという方は、皮膚科で相談しましょう。

まずはシミのタイプを診断
あなたのシミのタイプを知る エイジングによる老人性色素斑 そばかす(雀卵斑) 炎症性色素沈着 肝斑(かんぱん)  
化粧品などでシミを消す方法
ハイドロキノン配合の美白化粧品レポ 美白化粧品でシミ対策 シミを予防、改善する薬  
シミを治療して取る方法
レーザー治療でシミを消す シミをピーリングで改善  
シミができる前のケア
食べ物でシミ予防する 化粧品でシミをふせぐ