美白化粧品でシミ対策

スポンサードリンク

美白効果のある化粧品を使用している人は多いです。

しかし、美白化粧品をシミ対策として使用している方はあまりいません。

ここでは、美白化粧品をシミ対策として使用する方法や知識について解説します。


美白化粧品はシミ対策になる

美白化粧品は、メラニン色素の生成を抑えて美白に導く働きがあります。

メラニン色素は、シミの原因となる成分なので、メラニン色素の生成を抑える美白化粧品がシミの予防やシミを消すことに効果があるのです。

スポンサードリンク

美白化粧品の効果

美白成分はメラニン色素の生成を抑える働きがあるもので、メラニン色素を消す効果があるわけではありません。

それでは、できてしまったシミは消えないんじゃないかと思いますよね。

ところが、メラニン色素は紫外線にあたらなければ自然と消えていくものなので、メラニン色素の生成を抑えるだけでシミを薄くする効果が期待できます。

ただし、美白化粧品の効果は劇的なものではありません。

初期のごく薄いシミや、シミができる前に美白化粧品を使用することは効果を期待できますが、すでにできてしまった濃いシミには大きな効果は期待できません。


医薬部外品の美白成分の種類

美白効果があると厚生労働省が認めた美白成分があるので、紹介していきます。

■アルブチン…コケモモ由来

■エラグ酸…イチゴ由来

■ルシノール…モミの木を参考に生まれたもの

■ビタミンC誘導体…ビタミンCを肌に導くもの

■プラセンタエキス…胎盤由来

■カモミラET…カモミール由来

■トネキサム酸

■t-AMCHA(t-シクロアミノ酸誘導体)

■リノール酸…植物油由来

この9つの成分のうち1つでも含んでいるものが、美白効果のある化粧品として売られています。

ただし、これらの成分は人によって効く効かないがあって、場合によっては肌のトラブルを引き起こすこともあります。

自分に合った美白成分は、自分で試すしかありません。

いろいろと試して、自分に合う美白化粧品を選んでください。


その他の美白成分

厚生労働省が認めたもの以外にも、美白効果があるといわれる成分があります。

■ハイドロキノン…欧米では一般的。高い効果が期待されるが、刺激がある。

■ビタミンC…メラニン色素の生成を抑えて、美白効果も高い。

■アルファアルブチン…メラニン色素を抑える効果が高く、刺激がほとんどない。

■イソフラボン…メラニン色素の生成を抑える効果が高い。


まとめ

美白化粧品の主な働きは、メラニン色素の生成を抑えることでのしみ予防です。

シミを薄くする効果もありますが、劇的な効果を期待することはできません。

美白化粧品でのシミ対策は、地道な努力が必要といえるでしょう。

まずはシミのタイプを診断
あなたのシミのタイプを知る エイジングによる老人性色素斑 そばかす(雀卵斑) 炎症性色素沈着 肝斑(かんぱん)  
化粧品などでシミを消す方法
ハイドロキノン配合の美白化粧品レポ 美白化粧品でシミ対策 シミを予防、改善する薬  
シミを治療して取る方法
レーザー治療でシミを消す シミをピーリングで改善  
シミができる前のケア
食べ物でシミ予防する 化粧品でシミをふせぐ