シミを予防、改善する薬

スポンサードリンク

シミが薬で予防したり改善することができるというのは、全てのタイプのシミに共通しています。

シミを予防・改善するといわれている薬は、服用する薬と湿布薬の2タイプあります。

では、まず服用薬から見ていきましょう。


シミを予防する服用薬

シミを予防・改善する効果があることを売りにしている服用するタイプの薬は、薬局でよく目にします。

薬局で売っている服用薬は、ビタミンCを配合しているので、ビタミンCの抗酸化作用でシミをできにくくする効果があります。

しかし、ビタミンCには、すでにできてしまったシミを薄くしたりする効果はあまり期待できないというのが定説となっています。

薬局で売られているものは、あくまでシミ予防の効果があるビタミンCを配合したものと考えた方が良いでしょう。

スポンサードリンク

シミを改善する湿布薬

あまり聞いたことが無いかもしれませんが、シミを改善する湿布薬というものがあります。

これは、シミに効く成分を浸透させたもので、その成分が肌に働きかけシミを改善するのです。

■湿布薬の種類

・レチノイン酸…角質を剥離するなど、肌のターンオーバーを進ませる効果があります。皮膚に赤みが出たりするので、医師の指示に従って使用します。しかし、危険な成分が含まれてるわけでは無く、シミにはとても効果的だといわれている。

・ハイドロキノン…欧米では使用されていたものが、日本でも認可されて使われ始めた薬。シミの原因となるメラニンを抑制して、強い美白効果がある。医師の指示に従って使用する。

このような薬を使った湿布薬は、通常薬局などで売られていないので、専門のクリニックなどを受診して処方されることになります。

まずはシミのタイプを診断
あなたのシミのタイプを知る エイジングによる老人性色素斑 そばかす(雀卵斑) 炎症性色素沈着 肝斑(かんぱん)  
化粧品などでシミを消す方法
ハイドロキノン配合の美白化粧品レポ 美白化粧品でシミ対策 シミを予防、改善する薬  
シミを治療して取る方法
レーザー治療でシミを消す シミをピーリングで改善  
シミができる前のケア
食べ物でシミ予防する 化粧品でシミをふせぐ