肝斑(かんぱん)

スポンサードリンク

ここでは、肝斑というほぼ女性特有のシミについて説明します。

できてしまった肝斑のシミの対策法や治療法なども解説していきます。

肝班のシミかもしれないと悩んでいる方は、参考にしてみてください。


肝斑によるシミとは

肝斑は女性に多く見られるシミで、男性にはほとんど見られないので、女性ホルモンが関係していると考えられています。

初潮の頃から更年期まで、女性ホルモンのバランスが崩れたときにできる傾向があります。

また、女性ホルモンに作用するのでピルによってあらわれることもあります。

茶色で、薄いものから濃いものまでありますが、顔の左右に対称にあらわれるのが特徴です。

スポンサードリンク

肝斑によるしみの経過

体の内部的な原因でできるシミですが、出来てしまうと他のシミと同じように紫外線を浴びることで悪化します。

ホルモンバランスなど、体の内部が改善されても自然と消えることは無いようです。

ただし、肝斑は他のシミと区別することが難しいので、自己判断はせずに専門家に相談することをお薦めします。

肝斑のシミの対処法

肝斑のシミには、美白剤の湿布や服用、ピーリングなどが有効とされています。

美白剤には、ハイドロキノンなどといったものがあり、湿布することで美白効果があるので、それによってシミを薄くしていきます。

服用する薬には、トラネキサム酸を数ヶ月服用すると効果があらわれるようです。

他のシミと違ってレーザー治療は、肝斑の治療には有効ではありません。

肝斑によるシミは、ほかのシミと勘違いされることが多いので、肝斑かなと思ったら一度クリニックなどの専門の医療機関などで相談してみてください。

まずはシミのタイプを診断
あなたのシミのタイプを知る エイジングによる老人性色素斑 そばかす(雀卵斑) 炎症性色素沈着 肝斑(かんぱん)  
化粧品などでシミを消す方法
ハイドロキノン配合の美白化粧品レポ 美白化粧品でシミ対策 シミを予防、改善する薬  
シミを治療して取る方法
レーザー治療でシミを消す シミをピーリングで改善  
シミができる前のケア
食べ物でシミ予防する 化粧品でシミをふせぐ