そばかす(雀卵斑)

スポンサードリンク

ここでは、そばかすからできるしみについて解説し、その対策法や治療法などを解説していきます。

そばかすのしみにお悩みの方は、参考にしてみてください。


そばかすとは

そばかすは、スズメの卵の模様に似ているので雀卵斑とも呼ばれています。

遺伝的な原因でできる小さなシミのことで、目の下や鼻などに見られることが多いですが、顔以外の部分にできることもあります。

5歳くらいから10代の頃にできはじめて、薄くて茶色い斑点がいくつかできる特徴があります。

そばかすは、白人によく見られるもので、体の全体にあらわれますが、日本人では顔などにあらわれやすく、体にまで表われることはあまりありません。

スポンサードリンク

そばかすによるしみの経過

老人性色素斑と同じく、はじめはごく薄い茶色をしています。

経過も通常のしみと同じで、紫外線を受けることにより徐々に濃くなっていきます。


老人性色素斑のシミの対処法

そばかすのしみは、病気ではないので治療するかどうかというのは本人次第です。

老人性色素斑のシミなどと違い、薄い状態でも美白化粧品の効果があまりありません。

そばかすのしみを消すには、レーザー治療が最も効果的と考えられています。

ただし、そばかすは老人性色素班などの通常のシミと判別することが難しいので、いろいろな対策をする前に、クリニックなどの専門家にかかることをお薦めします。

まずはシミのタイプを診断
あなたのシミのタイプを知る エイジングによる老人性色素斑 そばかす(雀卵斑) 炎症性色素沈着 肝斑(かんぱん)  
化粧品などでシミを消す方法
ハイドロキノン配合の美白化粧品レポ 美白化粧品でシミ対策 シミを予防、改善する薬  
シミを治療して取る方法
レーザー治療でシミを消す シミをピーリングで改善  
シミができる前のケア
食べ物でシミ予防する 化粧品でシミをふせぐ