あなたのシミのタイプを知る

スポンサードリンク

シミにはいくつかのタイプがあり、その種類によってケアの方法が違ってきます。

ここではまず、できてしまったシミのタイプを診断していきます。

それぞれのタイプ別にケアの方法も紹介していきます。


エイジングからくるシミ(老人性色素班)

紫外線を長期に渡って浴びることによってできるシミ。

加齢によってできてしまうため、中年以降のシミの中ではもっとも多いタイプです。

シミ自体に厚みなどは無く、大きさや形はそれぞれに違います。

顔以外にも、手や足など紫外線を浴びやすいところならどこにでもできます。

紫外線を浴びるとさらに濃くなり、盛り上がる脂漏性角化症になる可能性もあります。

■ケア方法
薄いシミ → 美白化粧品
濃いシミ → レーザー治療ピーリング

スポンサードリンク

そばかす

そばかすも色素班なので、シミの一種といえます。

そばかすの原因は、遺伝的な要素がほとんどといわれています。

主に頬(ほお)や目の周りにできる薄茶色で、小さな粒状の集まり。

紫外線を浴びると、次第に濃くなる可能性があります。

■ケア方法
薄いそばかす → 美白化粧品
濃いそばかす → レーザー治療ピーリング


肝班

肝班は、エイジングによるものに近いシミですが、紫外線以外にもホルモンバランスが崩れたり、睡眠不足、冷え性が原因となって発生することもあります。

正常な肌との境界線がハッキリとしていて、左右対称。形は一定ではなく、地図のようになったりします。

紫外線を浴びると、濃くなる可能性があります。

■ケア方法
美白化粧品ピーリング、生活改善

濃い薄いに関係なく肝班はレーザー治療では取れません。ケミカルピーリングや薬、生活改善での治療が必要です。 


炎症性色素沈着

ニキビあとや傷跡が茶色くなって色素が沈着してしまい、シミになってしまうもの。毛穴の黒ずみも炎症性色素沈着でシミになるものがあります。

放っておけば、自然と治る場合もありますが、紫外線を浴びると消えなくなる可能性があります。

■ケア方法
美白化粧品ピーリング


まとめ

そばかすとエイジングによるシミは、同じ対策でケアできます。

ただ、肝班だけはレーザー治療が効果がないだけでなく悪化することも考えられます。

レーザー治療をする前は、しっかりと信頼のおける医師の診断を受けた方が良いでしょう。

逆に、ほとんどの種類のできてしまったシミに有効なのは、紫外線対策と美白化粧品です。

ある程度の年齢になってくると、多少のシミは出てくるものですが、紫外線対策をすることで濃くなることを防ぎ、美白化粧品で薄くすることができます。

しみのケアが効果が無い場合、シミの種類の判定が違っていることが考えられます。

ほくろと間違えやすいものもありますので、効果が見られない時は専門家に相談することをお薦めします。

まずはシミのタイプを診断
あなたのシミのタイプを知る エイジングによる老人性色素斑 そばかす(雀卵斑) 炎症性色素沈着 肝斑(かんぱん)  
化粧品などでシミを消す方法
ハイドロキノン配合の美白化粧品レポ 美白化粧品でシミ対策 シミを予防、改善する薬  
シミを治療して取る方法
レーザー治療でシミを消す シミをピーリングで改善  
シミができる前のケア
食べ物でシミ予防する 化粧品でシミをふせぐ